語録・経典『信心銘』

『信心銘』三祖鑑智僧璨大師        

至道無難  道へ至るのは難しくない。
唯嫌揀擇  ただ選り好みすることを嫌うのみ。
但莫憎愛  愛することも憎むこともなければ、
洞然明白  すべてははっきりと明らかになる。
毫釐有差  だが僅かな分別が、
天地懸隔  天と地を遙かに隔ててしまう。
欲得現前  真理を実現したいというなら、
莫存順逆  賛成や反対という思いを抱いてはならない。
違順相爭  自分の都合に適うか適わないかと心で相争う葛藤、
是為心病  これこそ心の病だ。
不識玄旨  物事の本質を識らなければ、
徒勞念靜  心の平和はいたずらに乱される。
圓同太虛  道は大いなる虚空のように完全で、
無欠無餘  欠けたところも余分なところもない。
良由取捨  ただ自分の都合で取捨選択をするために、
所以不如  物事の本質から外れてしまう。
莫逐有緣  外の現象を追ってはならないし、
勿住空忍  空虚なところに落ち着いてもならない。
一種平懷  一なるものに留まりそのままでいれば、
泯然自盡  誤った見解はひとりでに消え去る。
止動歸止  心の活動を止めて静寂を保とうとしても、
止更彌動  心の動きはいよいよ増すばかり。
唯滯兩邊  動か静かという両極に惑わされている限り、
寧知一種  一なるものを知ることはできない。
一種不通  一なるものに目覚めなければ、
兩處失功  動か静かという二元対立の中で自由を失う。
遣有沒有  有を否定しようとすれば有にとらわれ、
從空背空  空になろうとすれば空に背く。
多言多慮  言葉や考えを尽くすほど、
轉不相應  ますます真実から遠ざかる。
絕言絕慮  言葉や考えから離れてみれば、
無處不通  真実に通じないものは何もない。
歸根得旨  意識の本源に帰すれば真理を会得する、
隨照失宗  しかし現れるものを追えば本源を見失う。
須臾返照  ただちに自らを照らし観れば、
勝卻前空  空という観念も越えることが出来る。
前空轉變  空虚な世界を観てひっくり返っているのも、
皆由妄見  全て誤った見方による。
不用求真  真理を追い求めてはならない。
唯須息見  ただ相対的な見方をやめなさい。
二見不住  二元的な分別にとらわれて、
慎勿追尋  現れを追ってはならない。
纔有是非  わずかに是非の区別があれば、
紛然失心  心の本源は失われてしまう。
二由一有  あらゆる相対性は絶対の一から生じる。
一亦莫守  しかしその絶対の一にも囚われてはならない。
一心不生  一つの分別心も生じなければ、
萬法無咎  この世界に過ちはない。
無咎無法  過ちがなければ対象は無くなる。
不生不心  分別が生じなければ心は存在しない。
能隨境滅  想いの対象が消えれば、思う主体は消え去り、
境逐能沉  思う主体が消えれば、想いの対象は消え去る。
境由能境  客体は主体があるが故に客体となり、
能由境能  主体は客体があるが故に主体となる。
欲知兩段  この二つの関係を理解しようとすれば、
元是一空  もとは一なるもの。
一空同兩  一なるものが相対世界を存在させ、
齊含萬象  森羅万象を包み込んでいる。
不見精麤  精妙なのか粗雑なのかと区別してはならない。
寧有偏黨  そうすれば偏見に陥ることもない。
大道體寬  大いなる道は広くゆるやかなものだ。
無易無難  易しいものでも難しいものでもない。
小見狐疑  了見の狭い者は道に対して疑い躊躇する。
轉急轉遲  道に至ろうと急げば急ぐほど遅れてしまう。
執之失度  真理に執着すれば度を失し、
必入邪路  必ず間違った路に入ることになる。
放之自然  これを放てばあるがままの自然となる。
體無去住  本性は姿なく来ることも去ることもない。
任性合道  本性のままに任せれば道に適い、
逍遙絕惱  悠々自適、悩みも消える。
繫念乖真  想いに縛られれば真実に背き、
昏沉不好  静まり返っているのも本当のことではない。
好勞神  真実でないことは精神を疲労させる。
何用疏親  どうしてどちらかを好んだり避けたりするのか。
欲取一乘  一なるものを求めるなら、
勿惡六塵  感覚器官で感受するものや思考を嫌ってはならない。
六塵不惡  起こっていることのすべてを完全に受け入れることは、
還同正覺  真の悟りと同じだ。
智者無為  賢者は何も為すことなくただそのままでいる。
愚人自縛  愚者は為すべきことで自らを縛る。
法無異法  真実はひとつであるというのに、
妄自愛著  人はどこかにまた別なものがあるかと妄想し執着する。
將心用心  心でもって心をどうにかしようとする、
豈非大錯  これこそが最大の過ちではないだろうか。
迷生寂亂  迷えば静寂と動乱が生まれ、
悟無好惡  悟れば好き嫌いがなくなる。
一切二邊  すべての二元対立の価値観は、
良由斟酌  自らの思慮分別によるもの。
夢幻空華  夢まぼろしのような空中の華を、
何勞把捉  なぜ苦労して掴もうとしているのか。
得失是非  損得勘定や是非善悪の価値判断も、
一時放卻  一度にすべて放り投げてしまえばいい。
眼若不眠  もし心眼が眠らなければ、
諸夢自除  すべての夢は自然と消え去る。
心若不異  心が異をたてなければ、
萬法一如  すべてのものはひとつ。
一如體玄  この一なる境地は深遠であって、
兀爾忘緣  すべてを超えて解放されている。
萬法齊觀  あらゆる存在を法の眼で観れば、
歸復自然  自然と調和した姿に帰っていく。
泯其所以  理由を尋ねようとすることは止めなさい。
不可方比  何かと比較しようとしてもならない。
止動無動  動を止めようにも動という実体はなく、
動止無止  止を動かそうにも止という実体はない。
兩既不成  そもそも両極はもともと成り立たないのだから、
一何有爾  本当は二に対する一というのもありえない。
究竟窮極  この至極の境地には、
不存軌則  いかなる描写も法則も当てはまらない。
契心平等  道と一つになった平等の心には、
所作俱息  人為的な計らいはない。
狐疑淨盡  疑いや恐れはきれいになくなり、
正信調直  本当の信が現れてくる。
一切不留  一切は留まることがないから、
無可記憶  心に留めておくべきこともない。
虛明自照  真実は一点の曇りもなく明らかなのだから、
不勞心力  心を煩わすこともない。
非思量處  思慮分別を超えた絶対世界を、
識情難測  思慮分別で測ることはできない。
真如法界  このダルマの世界には、
無他無自  自己もなければ他己もない。
要急相應  この真実のあり方に相応しい言葉を探すなら、
唯言不二  ただ不二と言うほかはない。
不二皆同  この不二の中に皆等しく、
無不包容  含まれていないものはない。
十方智者  世界中の賢者たちは、
皆入此宗  この根源的真理を体現している。
宗非促延  真理は時間という概念を超えている。
一念萬年  この一瞬の今が永遠なのだ。
無在不在  そんな真理がどこかに在るのかという以前に、
十方目前  それはすでにあなたの目の前に広がっている。
極小同大  無限に小さいことは大きいことと同じであり、
忘絕境界  大小の境目は忘れ去られる。
極大同小  無限に大きいことは小さいことと同じであり、
不見邊表  その輪郭を見ることは出来ない。
有即是無  存在はそのまま非在であり、
無即是有  非在のままで存在している。
若不如是  もしただちにこう理解できないのであれば、
必不須守  二元対立の有無などに固執してはならない。
一即一切  ひとつはそのまますべてであり、
一切即一  すべてはそのままひとつである。
但能如是  このことが本当に受け入れられたなら、
何慮不畢  どうして自分が未完成であると嘆く必要があろうか。
信心不二  信心は不二、
不二信心  不二なる信心。
言語道斷  意識の本源に言葉は及ばず、
非去來今  それは過去、未来、現在のものではない。

ABOUT

《禅〜意識の真源に帰る旅〜》

CALENDAR

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031